口座振替で支払いできるモバイルWiFiはあるの? クレジットカード不要でも申し込みできるモバイルWiFiまとめ

LINEで送る
Pocket

774 views

モバイルWiFiは回線工事がなく、店頭での契約であれば即日でインターネットが楽しめるとっても便利なサービス。月額料金も固定回線と比較すると安価で、最近では通信速度も安定していてエリアも広くなっていることから、自宅にネット回線を引くのではなく、モバイルWiFiを利用している方も増え続けています。

そんなメリットの多いモバイルWiFiですが、1つだけデメリットを挙げると支払い方法にあります。モバイルWiFi提供する会社の多くはクレジットカードのみでしか支払い方法を選べないといった点です。現状、口座振替に対応している提供会社は多くありません。

しかし、すべてのモバイルWiFiを提供するプロバイダーが口座振替に対応していないわけではありません。ここでは「WiFiストア」が取り扱うサービスのなかで、口座振替に対応する事業者とその申込みの流れを紹介します。

口座振替で契約できるモバイルWiFi

口座振替に対応するモバイルWi-Fiの事業者が提供する代表的なプランと、月額料金をまとめてみました。

  月額料金 契約年数 月間データ容量
Y!mobile 4,380円 3年 無制限
BIGLOBE WiMAX 2+ 3,145円~ 3年 無制限
Broad WiMAX 2,726円~ 3年 無制限
NEXT mobile 3,490円 2年 30GB
どんなときもWiFi 3,980円~ 2年 無制限

口座振替ができる事業者のほとんどの月間データ容量は無制限となっています。ただし、NEXT mobileは30GBのプランのみとなっています。

また、ここでは割愛していますが、Y!mobile やBIGLOBE WiMAX 2+、Broad WiMAXには他にもプランを用意。とくにBroad WiMAXはかなりの種類のプランがあるので、使い方と月額料金をしっかり吟味することができます。使い方によっては無制限以外のプランを選択するのもありでしょうが、自宅や外出先など使う場所を選ばずに使いたいなら、断然、無制限プランがおすすめです

では、上記の事業者で口座振替をするにはどういった手続きが必要となるのでしょうか。それぞれの対応について確認します。

Y!mobile

Y!mobile

Y!mobile

Y!mobileはソフトバンクのサブブランドということもあり、口座振替に対応。口座振替の支払いを選ぶには、ワイモバイルショップに足を運ぶ必要があります。また、その際に本人名義のキャッシュカードと通帳、本人確認書類、金融機関の届け印の3つを持っていかないと手続きをすることができません。
申込み手続きをすると、だいたい1~2か月程度で口座振替をすることができます。手続きが完了するまでの期間は、払込用紙などを使って支払います。

ただし、ペイジー(Pay-easy)対応の金融機関であれば、店頭にキャッシュカードと本人確認書類を持っていけば、届け印なしに即日での口座振替手続きができます。

申込み前に口座振替に利用する金融機関がペイジーに対応しているかを確認してみてはいかがでしょうか。

BIGLOBE WiMAX 2+

BIGLOBE WiMAX 2+

BIGLOBE WiMAX 2+

BIGLOBE WiMAX 2+も口座振替は、申込時にクレジットカードか口座振替かを選択して支払い方法を決定します

代表的なプランは使い放題ですが、BIGLOBE WiMAX 2+は7GBのプランも用意しているので、使い方次第ではこちらを選択するのいいかもしれません。

なお、BIGLOBEで口座振替をするならWebからの登録が断然お得です。申込みの翌営業日には登録が完了するので、手続きが終わるまで振込用紙を利用しないといけないということはありません。申込用紙を使った場合は7日から10日かかります。

Broad WiMAX

Broad WiMAX

Broad WiMAX

Broad WiMAXはBIGLOBE WiMAX 2+と同じく、申込み時に口座振替かクレジットカードの選択をすることができます

ただし、BIGLOBE WiMAX 2+と1つだけ異なるのは初回の支払いです。申込み後の初回支払時のみ、代金引換となっています。代引きで支払う料金の内訳は初期費用、契約事務手数料、決済手数料です。

また利用料金の請求はBroad WiMAXから委託を受けた代行業者が請求を行います。契約書などに代行業者の名前が書かれているはずなので、まずは契約内容をしっかりと確認ください。

NEXT mobile

NEXT mobile

NEXT mobile

NEXT mobileも口座振替に対応していますが、特定のプランを選択したときのみ利用できる規約となっています。NEXT mobileで口座振替を利用したいと考えているなら、月間30GB利用できる「ギガネクスト30」というプランを選択してください

これ以外のプランだと口座振替での契約はできず、支払い方法はクレジットカードしか選択することができません。

また1回目の引き落としでは初期費用や事務手数料に初月の利用料金に加え、2ヵ月目の月額も合算されての請求となります。支払い発生月が2か月目からなのでゆっくりと準備できる半面、予想していたよりも大きな金額を請求されてビックリしてしまうかもしれませんね。

なお、契約月の月末までに口座登録ができていない場合は、コンビニエンスストア専用の請求書が送付されます。請求書は発行に300円かかるので、申込みをしたらすぐに支払口座の登録を行ってください。

どんなときもWiFi

どんなときもWiFi

どんなときもWiFi

どんなときもWiFiってあまり耳にしたことがないという方も多いかもしれませんが、低価格で利用できるモバイルWiFiとして注目を集めています。

そんなどんなときもWiFiも口座振替に対応していますが、口座振替の対象となっているのは「ベーシック放題プラン」のみとなっており、料金プランもクレジットカード利用と若干異なるので注意が必要です。

また、口座振替で注意したいのが申込み完了後、どんなときもWiFiから「口座情報登録のご案内」というメールが送られてきます。このメールを受信したら15日以内に口座登録を完了する必要があります

どんなときもWiFiで、口座振替を選択すると先に端末を送られてくる関係上、手続完了までの期間が切られています。なお、15日以上経過しても口座未登録だと、一旦利用停止になり登録完了後、翌営業日に利用再開となります。

メールが到着したらすぐに登録をすることをおすすめします。なお、申込み後、5日以内に「口座情報登録のご案内」が届かなかったら、インフォメーションに問い合わせをしましょう。

口座振替の注意点

口座振替を選択した場合の注意点

口座振替を選択した場合の注意点

口座振替はクレジットカードがなくても利用できるメリットがある半面、気をつけたいポイントもあります。

  • ・口座振替できるプランが限られているケースがある
  • ・手数料がかかる(毎回216円~324円程度)
  • ・口座振替が実施されるまでに時間がかかる

口座振替に対応するほとんどの事業者で共通するポイントです。契約の流れを記したページや、チャットでの質問機能などで、こうした内容を事前に確認してみることをおすすめします。

まとめ

口座振替のメリットはクレジットカードがなくても契約ができるという点にあります。モバイルWiFiを利用したいと思っていても、支払い方法がネックになっていて申し込めないという方もいるかと思います。

まだまだ数は少ないですが、口座振替に対応している事業者があるので、まずはそうしたプロバイダーの契約内容をしっかりチェックしてみください。

また、契約したい事業者がクレジットでないとだめだというときは、デビットカードが使えるかどうかをチェックしてみてください。銀行側が提供していないとダメですが、クレジットカードといっても口座残額分しか利用できないので、安心して使うことができるでしょう。

\豊富なプランを徹底比較でお得にお申し込み/

WiFiストアでWiFiを選ぶ >

WiFiに関する最新情報をSNS・メールで簡単にチェック!

各SNSで最新情報をチェックする。