モバイルWiFiでオンラインゲームは快適にできるのか? 実際にPS4 / スイッチで遊んでみた

LINEで送る
Pocket

2100 views

自宅でインターネットを使いたい場合、フレッツ光やADSLなど固定回線を引くことが当たり前でしたが、4G/LTEやWiMAXによってモバイル回線が大幅に高速化され、料金も安くなったことで自宅でも3割弱の人がモバイル回線を利用しているようです。(出典元:My Voice、2019年2月調査)

モバイル回線が選ばれる理由としては固定回線を利用する時のプロバイダやルーター選び、工事が面倒なことが挙げられます。引っ越しシーズンの場合は1ヶ月待たされることもあるため、それであればすぐに使えるPocket WiFiやWiMAXを使おうという人も多いはずです。
また、高速化と低遅延化が進み、データ使い放題になるとみられている5Gが普及すればますますモバイル回線の割合が増えてくるものと思われます。

前回はモバイルWiFiを1週間使って固定回線の代わりになるのかを検証しましたが、今回はモバイルWiFiでオンラインゲームを快適にプレイできるのかに焦点を当てて検証してみたいと思います

※今回、検証にあたり目安として通信速度も一緒に計測していますが、利用する環境によって通信速度は異なります。必ずしも実効速度を保障するものではありません。

固定回線よりモバイルWiFiがオンラインゲームに不向きと言われる理由

モバイルwifiで「フォートナイト」をプレイ

オンラインゲームはデータ通信を継続的に行い、通信量も多いことから通信速度と速度制限の面でモバイルWiFiでプレイするには不向きと言われています。

また、時間帯や電波が悪いなど自宅の場所によって通信速度が遅くなるなど安定しないこともモバイルWiFiのウィークポイントでしょう。「あれ?遅くなった?」「最近ラグが多いな」と思ったら速度制限がかかっていたということもありがちです。

プレイ外においてはアップデートが頻繁にあることもモバイルWiFiがオンラインゲームに向いていない理由でしょう。例えば、スプラトゥーン2ではブキやステージの追加に加え、ゲームバランスを最適化するためにブキのパラメーターを調整するアップデートも頻繁に配信されました。

プレイ時の通信量に加えてゲームソフトとゲーム機本体のアップデートによる通信量を気にしながらプレイすることになるためこれが結構なストレスに繋がります。

実際にどんなときもWiFiでオンラインゲームを試してみた

ニンテンドースイッチとモバイルwifi

まずはデータ使い放題が特徴の「どんなときもWiFi」でオンラインゲームをプレイしてみました。

PlayStation 4

使用条件

  • ・場所:自宅
  • ・時間:日曜日の深夜
  • ・ゲームの種類:フォートナイト

PlayStation 4で通信速度を測ったところ、下りは10Mbps〜20Mbps、上りは1Mbps前後で時間または計測ごとに値にブレがあるため安定しない結果に。

まともにプレイできるのか少し不安でしたが、マッチングで長時間待たされることもなく、回線が途切れることもなくストレスフリーでプレイできました

ニンテンドースイッチ

使用条件

  • ・場所:自宅
  • ・時間:日曜日の夕方
  • ・ゲームの種類:スプラトゥーン2(チャレンジマッチ)

ニンテンドースイッチで通信速度を計測したところ、下りは0.4Mbps〜10.0Mbps、上りは0.5Mbps〜1.4Mbpsで高速とは言えない結果でしたが、実際にプレイしてみるとマッチングに多少の時間がかかったものの、目立ったラグはなく回線が途切れることもなく固定回線と変わらない感じでプレイできました

ニンテンドースイッチは外に持ち出してプレイできるため、モバイルWiFiやスマートフォンやタブレットのテザリングでオンラインゲームをプレイすることが想定されているのかもしれません。

実際にWiMAXでオンラインゲームを試してみた

WiMAXとニンテンドースイッチ

次にモバイルWiFiルーターの代表格、WiMAXで検証していきます。

PlayStation 4

使用条件

  • ・場所:自宅
  • ・時間:日曜日の深夜
  • ・ゲームの種類:フォートナイト

PlayStation 4で通信速度を測ったところ、下りは13Mbps〜27Mbps、上りは1Mbps前後で時間に関わらず安定して速度出ていました。

実際にプレイしてみるとローディングの時間は多少長いかな? と感じる程度でラグはなくプレイが途中で途切れるようなこともなく快適にプレイすることができました

PlayStation 4の場合はニンテンドースイッチと違って据え置き型で有線LANを標準で搭載しているため、モバイルWiFiでは快適にプレイできないのではないかと思いましたがいい意味で予想が外れました。

ニンテンドースイッチ

使用条件

  • ・場所:自宅
  • ・時間:日曜日の夕方
  • ・ゲームの種類:スプラトゥーン2(チャレンジマッチ)

ニンテンドースイッチで通信速度を計測したところ、下りは7.1Mbps〜 7.9Mbps、上りは3.0Mbps〜6.0MbpsでどんなときもWiFiよりも通信速度が高速かつ時間に関わらず安定していました。また、サーバーの応答速度(Ping)も8〜32msでどんなときもWiFiの25〜289msよりもいい結果に。

通信速度もPingもどんなときもWiFiを上回るWiMAXですが、より快適に!とはならず、変わらずラグなしでプレイできました。ニンテンドースイッチの携帯モードはオンライン含めて非常に優秀です

モバイルWiFiでオンラインゲームをするときのポイント

モバイルWiFiでオンラインゲームをするにあたってより快適に楽しみたいのであれば、付属または別売りのクレードルを使ってゲーム機と有線LANで接続しましょう。ゲーム機とモバイルWiFiの間を無線ではなく有線にすることで電波干渉を防ぐことによる安定性の向上と速度低下の抑止につながります。

特にWiMAXの場合は室内での電波が弱くなりがちです。事前にどこが最も電波が入りやすいか、電波干渉を受けないかを確認して設置するようにしましょう

まとめ

モバイルwifiとオンラインゲーム

モバイルWiFiでオンラインゲームをプレイするまでは1ラグや回線の切断が発生してまともにプレイできないだろうなと思っていましたが、実際にプレイしてみると一度もストレスを感じることなくスプラトゥーン2もフォートナイトもプレイできました

最近のオンラインゲームは通信速度が固定回線並みに高速でなくても快適にプレイできるよう通信量が小さくなっているのかもしれません。

そうであればモバイルWiFiでオンラインゲームをプレイするにあたって気にしなければいけないのは通信速度よりも1ヶ月の通信量ということになります。オンラインゲーム中に継続的に発生する通信量に加えて、ゲームの購入/ダウンロード、ゲームソフトとゲーム機本体のソフトウェアアップデートの際にかかる通信量、ゲーム以外にかかる通信量も含めるとかなりのギガ数になるはず。

そこで速度制限を気にしなくても使える「どこでもWiFi」と「WiMAX」(3日間・10GBの制限あり)は固定回線の代わりとして最適化だと思います。

\豊富なプランを徹底比較でお得にお申し込み/

WiFiストアでWiFiを選ぶ >

WiFiに関する最新情報をSNS・メールで簡単にチェック!

各SNSで最新情報をチェックする。