WiFiの2.4GHzと5GHzってなにが違うの? 特性を理解してWiFiをうまく使おう

LINEで送る
Pocket

846 views

無線LANルーター(WiFiルーター)を持っているという人は多いと思いますが、スマホの回線を使うよりWiFiを使ったほうが速いという認識くらいで、いまいちWiFiのことをよく知らないという人も少なくないんじゃないでしょうか。

WiFiルーターのパッケージや説明書に2.4GHzや5GHzと書いてあるけど、何が違うか分からない、どっちを繋げばいのか分からない。そんな人もいるでしょう。

この記事では、WiFiの規格についてや2.4GHzと5GHzの違い、どちらが速いの?といったWiFiの基本的なことについて解説していきます

2.4GHzと5GHzってそもそもなに?何が違うの?

【WiFiストア】2.4 / 5GHzの違い

WiFiにはIEEE 802.11という通信規格があり、その中に2.4GHzと5GHzの周波数帯があります。規格によって使用する周波数帯が異なるだけでなく、通信速度にも違いがあります。

WiFi(無線LAN)規格と最大通信速度、周波数帯の関係は以下のようになっています。

無線LAN規格 最大通信速度 周波数帯
IEEE 802.11b 11Mbps 2.4GHz
IEEE 802.11g 54Mbps 2.4GHz
IEEE 802.11a 54Mbps 5GHz
IEEE 802.11n 600Mbps 2.4GHz/5GHz
IEEE 802.11ac 6.9Gbps 5GHz
IEEE 802.11ax 9.6Gbps 2.4GHz/5GHz

2.4GHzと5GHzの特徴、メリットとデメリット

【WiFiストア】2.4 / 5GHzの違い

2.4GHz帯と5GHz帯の違いがわかったところで、それぞれのメリットとデメリットをまとめます。

2.4GHz帯のメリットとデメリット

2.4GHz帯は周波数が低いので、電波が遠くまで届きやすいです。また、壁や床などの遮蔽物にも強いので隣の部屋や階上・階下の部屋でも電波が届きます。

基本的にWiFiが使える機器は2.4GHz帯に対応しているというのもメリットですね。

しかし、2.4GHz帯はWiFiだけでなく電子レンジやIHクッキングヒーター、Bluetoothなど様々な製品で使用されている周波数帯なので、それぞれが干渉してWiFiの電波が弱くなり、通信速度の低下や通信の切断が起こってしまうことがあります。

2.4GHz帯のメリット

・電波が遠くまで届きやすい
・遮蔽物にも強く電波が広範囲で使える
・WiFiが使える機種は2.4GHz帯に対応しているものが多い

2.4GHz帯のデメリット

・様々な機種で対応している周波数帯なので電波干渉が起きやすい

5GHz帯のメリットとデメリット

5GHz帯はWiFi専用の周波数帯なので、WiFi以外の製品と干渉することがなく、通信が安定しています。2.4GHz帯と比較して通信速度が速いというのもメリットの1つです。

一方で、5GHz帯は壁などの遮蔽物に弱く、通信距離が長くなると電波も弱くなってしまうという欠点があります。

また、すべてのWiFi機器が5GHz帯に対応しているわけではないので、機器によっては5GHz帯を使えないということも頭に入れておかなくてはいけません。

5GHz帯のメリット

・WiFi専用の周波数帯のため、電波干渉は起きにくく通信が安定する
・2.4GHz帯に比べて通信速度が速い

5GHz帯のデメリット

・壁などの遮蔽物に弱く広範囲ではない
・機器によっては対応していないものもある

2.4GHzと5GHzどちらを使えばいいのか?

【WiFiストア】2.4 / 5GHzの違い

利用したい機種によって変わる

利用したい機種によって、対応しているWiFiの規格が異なり速度にも影響します。WiFiルーターが高速なWiFiに対応していても、使用する機器が対応していなければ高速なWiFiは使えないので、仕様をよく確認しておきましょう。

機種ごとの対応WiFi規格の一例は以下の通りです。

機種 対応規格
ニンテンドー3DS LL IEEE802.11b/g
Nintendo Switch IEEE 802.11a/b/g/n/ac
PlayStation 4 IEEE 802.11b/g/n(CUH-1000/1200)
IEEE 802.11a/b/g/n/ac(CUH-2000以降)
iPhone XS IEEE 802.11a/b/g/n/ac
iPhone 11 Pro IEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ax
Xperia 1 IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Galaxy S10 IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax
iPad mini IEEE 802.11a/b/g/n/ac
11インチiPad Pro IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Fire TV 4K IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Fire HD 10 IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Fire HD 8 IEEE 802.11a/b/g/n

もちろん、WiFiルーター側にも対応規格があるのでよく確認しましょう。古い機種だと5GHz帯に対応していないこともあります。その場合は新しい機種への買い替えがオススメです。

利用する環境によっても変わる

先述の通り、2.4GHz帯と5GHz帯にはそれぞれメリットとデメリットがあり、利用する環境によって速度は変わってきます。

現在普及している802.11acまでの規格の場合、理論上のスピードは5GHz帯が速いですが、5GHz帯は2.4GHz帯に比べて遮蔽物に弱いため、WiFiルーターが設置されている部屋と実際にWiFiを利用する部屋の間に壁や床、天井がある場合は2.4GHz帯のほうが安定し速度も速いということもあります。

逆に、2.4GHz帯は様々な製品で使用されている周波数帯なので、混雑して不安定になりやすいです。家の中の電化製品だけでなく、アパートやマンションだと、隣の部屋からの電波の影響を受ける場合もあります

まずは5GHZ帯に接続してみて、不安定だったり速度が遅い場合は2.4GHz帯を試してみるという運用がいいでしょう

新しい規格(IEEE 802.11ax)のものが使えるとベスト

現在最も普及しているのはIEEE 802.11acという規格ですが、次世代のWiFi規格にIEEE 802.11ax(Wi-Fi 6)というものがあります。

2.4GHz帯と5GHz帯の両方を使用し理論上の最高速度はIEEE 802.11acの1.4倍、実際の速度も、環境によりますが4倍以上速くなるといわれている規格です。

次世代の規格と書きましたがすでにWi-Fi 6に対応している製品もあります。身近なものでいうと、iPhone 11シリーズがWi-Fi 6に対応しています。

ですが、新しい規格ということもあり、対応しているWi-Fiルーターは比較的値段が高く、対応しているスマホなども多くはありません。

高速な通信をするためにWi-Fi 6が使えればベストですが、普及するのはもう少し時間がかかりそうです。

まとめ

実際に使用する環境によって、通信速度にはかなりバラつきが出てきますが、基本的には新しいWiFi規格のほうが速度は速くなります。

IEEE 802.11axはまだあまり普及していないので、現在であればIEEE 802.11ac(5GHz帯)ですね。

5GHz帯の特徴として、壁などの遮蔽物に弱いというデメリットがありますが、それを補う技術としてメッシュWiFiというものもあります。

メッシュWiFiとは、複数のノード(ルーターと同じ性能を持つ機器)が1つのネットワークとして動作する仕組みです。

家全体にまんべんなくWiFiの電波を飛ばすことで、距離が離れてしまって遅くなる、壁に遮られているので遅くなるといったことを改善してくれます。

規格による違いやそれぞれの特性を理解して、WiFiをうまく使っていきましょう。

\豊富なプランを徹底比較でお得にお申し込み/

WiFiストアでWiFiを選ぶ >

WiFiに関する最新情報をSNS・メールで簡単にチェック!

各SNSで最新情報をチェックする。