自宅のWiFiに最適なホームルーターを比較! 料金・速度、ホームルーターを選ぶポイントまとめ

10770 views

昨今、家庭でのインターネットは、様々な通信手段で利用することが可能になっていますが、みなさんはご自宅のネット環境はどのようなものをお使いですか?

やはり代表的なものとしては「光回線」が挙げられます。通信速度が速く、モバイルネットワークよりも安定した通信を実現しているため、使用している人も多いのではないでしょうか?

たしかに安定して通信速度の速い光回線ではありますが、工事開通までに時間がかかりすぐにインターネットを使うことができないことや賃貸のため光回線が引けない、そもそも月額料金が割高などいくつかのデメリットもあげられます。

そんな光回線のデメリットを解消してくれるWiFiサービスがあるんです。それが「ホームルーター」です。工事が不要で自宅用のWiFiにおすすめなんです。

ただ、いくつも種類があるため今回は、どのホームルーターがいいのか、料金や速度をみて比較していきたいと思います。

自宅に、光回線でなくホームルーターを設置するメリット・デメリット

ホームルーターを設置するメリット・デメリット

ホームルーターとは?なにができるの?

そもそも、ホームルーターとはどういうものなのでしょうか?

ホームルーターとは、開通工事をしなくてもコンセントに機器を接続するだけで、すぐにインターネット環境をつくることができる機器になります。

通信方式はモバイル回線を使用しインターネットへの接続を行うもので、電話回線等の工事も不要で、ホームルーターをコンセントに繋ぐだけで、インターネットを楽しむことができます

通信周波数も、2.4GHzと5GHz選択することもでき、モバイル回線といえど安定した通信が可能となっています。

ホームルーターのメリット

ホームルータを選択するメリットは何なのでしょうか?ここでは代表的なものを取り上げていきます。

・回線工事が不要

ホームルータをコンセントに接続するだけでインターネットに接続が可能です。工事完了までインターネットを我慢するのは無理! 家に工事業者の人を上げたくない!といった人にとっても大きなメリットとしてあげられるでしょう。

・複数人での接続が可能

複数接続に対応しているため、家族や友達、複数端末で同時にインターネットを使用したい場合でも問題なく使用することができます。また、ホームルーターの電波も、モバイルWiFiなどよりも強力なため、ホームルータを設置した隣の部屋での使用や、1階と2階を跨いだ使用も問題なくできます。

・光回線よりも幅広い地域で使用が可能

光回線はその対応可能エリアが限られていますが、ホームルーターの場合はモバイル回線を使用するため、光回線のエリア外でも使用できることが多いです。接続可能範囲の詳細については各通信会社の通信可能地域を確認する必要があります。

ホームルーターのデメリット

・光回線と比較すると通信が安定していない

ホームルーターはあくまでもモバイル回線を使用したインターネット接続なので、光回線のような固定回線と比べると、通信の速度や安定性は劣ります。また、設置する場所も電波の良い場所を選ばなければならないので、電波の受信状況によっては設置場所の自由度も限られてしまいます。

・コンセントに繋げて使うため、持ち運びはできない

ホームルーターはバッテリーを搭載していないため、コンセントのない場所では使用することができません。そもそも端末自体が大きく、携帯をすることが向いていないため、基本的には室内での使用に限られます。移動中も使用したい人は下記に紹介するモバイルWi-Fiルーターの使用を検討すると良いでしょう。

モバイルWiFiルーターとホームルーターの違いは?

工事無しでインターネットを使える通信手段としては、ホームルーターの他に「モバイルWiFiルーター」が挙げられます。

ここではモバイルWiFiルーターとホームルーターの違い、そして使用用途によってどちらを選択した方が良いのか比較していきます。

モバイルWiFiルーターとホームルーター

ルーターの性能の違い

・電波の強弱について

モバイルWiFiルーターは基本的には外に持ち運び使用することがメインになりますが、専用のクレードルがある機種は固定回線として使用することも可能です。一見ホームルーターと差はなく、持ち運びができる分モバイルWiFiルーターの方が優れているように思われますが、

基本的には電波の送受信はホームルーターの方が優れています。特に家が広い人や家族みんなで同時につなげたい人、家の固定回線をメインとして使用したい人はホームルーターを強くおすすめします。

ホームルーターとモバイルWiFiルーターではどちらを選択すればよいのか?

ホームルーターとモバイルWiFiルータでは利用シーンが異なります。どちらがいいかは、使う人がなにを求めているかによって左右されます。

ホームルーターは通信の安定性が高いことと引き換えに、端末自体が大きくなっています。また、コンセントから電力を供給しないと使用ができないことから持ち運びには不向きです。

安定した通信やスピードを重視するなら「ホームルーター」。

通信性能はそこそこでよいので、旅行先やカフェなど外で使用をメインに考えたいという人は「モバイルWiFiルーター」を選択するといいでしょう。

ホームルーターの通信速度について

ホームルーターの通信速度

快適に使えるのか、ホームルーターの通信速度はどうなのか気になる人も多いのではないでしょうか。今回はWiFiストアの「リアルタイム速度」をもとにデータ分析を行いました。2020年4月6日現在のデータです。

通信会社により通信速度の実測値も異なるため、今回は代表例として通信速度上位3社のデータを抽出しました。

・BIGLOBE WiMAX 2+

下り速度:126.56Mbps 上り速度:11.69Mbps Ping値88.31ms
下り速度:126.56Mbps 上り速度:11.69Mbps Ping値88.31ms

・とくとくBB

下り速度:87.18Mbps 上り速度:15.47Mbps Ping値57ms
下り速度:87.18Mbps 上り速度:15.47Mbps Ping値57ms

・UQ WiMAX 2+

下り速度:38.55Mbps 上り速度:6.56Mbps Ping値62.34ms
下り速度:38.55Mbps 上り速度:6.56Mbps Ping値62.34ms

通信速度1位のBIGLOBE WiMAX2+は、下り速度126.56Mbpsを記録しました。光回線には及ばないにしても、モバイル回線だということを考えれば、実測値でこれだけのスピードが出ていれば十分といえるでしょう。

どのようにインターネットを利用するかにもよりますが、通常の事務作業やWebの閲覧、動画の視聴程度であればストレスなく使用することができます。

大量のデータ通信を必要とするオンラインゲームや大きなデータのやり取りを頻繁に行う人は、通信速度がポイントになると思うので前もって参考にしておきましょう。

ホームルーター4社を「特徴・料金」で比較!

ここでは、ホームルータを扱う代表的な4社の特徴を特徴を考察していきます。各社の特徴をよく見極め、自分にあった通信会社を選択しましょう。

各社の比較表

NEXT mobile モバレコAir Broad WiMAX GMOとくとくBB
月額料金 20GB:2,400円
30GB:2,700円
SoftBank Air 割賦購入:1,648円
モバレコ Air+おうち割(SoftBank Air 割賦購入)2,127円
7GB:2,921円
ギガ放題プラン:3,550円
7GB:2,675円
ギガ放題プラン:3,401円
対応エリア(回線) SoftBank SoftBank UQ WiMAX UQ WiMAX
最大通信速度 150Mbps 962Mbps 440Mbps 440Mbps
契約期間 2年 2年 3年 3年
データ容量 20GB、30GB、無制限 上限なし 7GB、上限なし(直近3日間で10GBを超えると速度制限あり) 7GB、上限なし(直近3日間で10GBを超えると速度制限あり)
支払い方法 クレカ
口座
クレカ
口座
クレカ クレカ

NEXT mobile

NEXT mobile

NEXT mobileの最大の魅力は当日中の通信制限がないことです。よくあるモバイルWiFiの制限で「3日で10ギガを使用すると通信制限がかかる」というものがあります。

NEXT mobileのいいポイントは月額の容量を超えない限り通信制限が発生する事はありません。通信量にムラがある人も安心して使うことができます。

通信速度は他社と比べると控えめな「150Mbps」となっていますので、とにかく速い回線がいいという人は注意が必要です。

月額料金 20GB:2,400円30GB:2,700円
対応エリア(回線) ソフトバンク
最大通信速度 150Mbps
契約期間 2年
データ容量 20GB、30GB
支払い方法 クレジットカード口座振替

★現在実施中のおすすめキャンペーン★

・端末代金無料キャンぺーン

>NEXT mobileの詳細ページはこちら

モバレコAir

モバレコAir

続いて紹介するのはモバレコAirです。こちらも容量速度制限は一切なく通信速度は最大962Mbpsという高速通信を実現したホームルーターです。

さらに端末の同時接続は最大64台まで可能となっており通信機器の使用が多いご家庭でも安心して使用することができます。

月額料金 SoftBank Air 割賦購入
1ヵ月:1,970円
2ヵ月~23ヵ月:3,344円24ヵ月~:4,880円
モバレコ Air+おうち割(SoftBank Air 割賦購入)
1ヵ月:2,470円
2ヵ月~23ヵ月:3,844円
24ヵ月~:4,880円
対応エリア(回線) ソフトバンク
最大通信速度 962Mbps
契約期間 2年
データ容量 上限なし
支払い方法 クレジットカード
口座振替

★現在実施中のおすすめキャンペーン★

・モバレコAir限定月額割、最初の1ヵ月目の料金から1,830円割引

使い始めの費用を抑えることができます!長期的な割引より、使いはじめにしっかり割り引いて欲しい人におすすめのキャンペーンです。

>モバレコAirの詳細ページはこちら

Broad WiMAX

Broad WiMAX

こちらはUQ WiMAXの回線を使用したサービスになります。通信可能エリアはソフトバンク回線に劣りますが、通信速度が速く安定しているのが特徴です。

契約期間は3年となっており他社と比べると長いのですが、長期間利用したい人にとってはあまり気にならない点だと思いますが、短期間での利用を考えている人は注意が必要です。

ギガ放題プランの他7GBプランも用意されているため、用途に合わせてプランを選択することも可能です。

月額料金 7GB:2,921円
ギガ放題プラン:3,550円
対応エリア(回線) UQ WiMAX
最大通信速度 440Mbps
契約期間 3年
データ容量 7GB、上限なし(直近3日間で10GBを超えると速度制限あり
支払い方法 クレジットカード

★現在実施中のおすすめキャンペーン★

【初期費用0円のWEB割キャンペーン】

Webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込み、指定オプションサービスに初回加入いただい たお客様に、もれなく初期費用を18,857円割引されるキャンペーンです。イニシャルコストをとにかく減らしたい人は活用しましょう。

>Broad WiMAXの詳細ページはこちら

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB

こちらもBroad WiMAXと同様で、UQ Wimaxの回線を使用したサービスになります。基本的な通信速度などはBrord Wimaxと同じですが、実質月額料金がこちらのほうがやや安価となっています。

月額料金 7GB:2,675円
ギガ放題プラン:3,401円
対応エリア(回線) UQ WiMAX
最大通信速度 440Mbps
契約期間 3年
データ容量 7GB、上限なし(直近3日間で10GBを超えると速度制限あり
支払い方法 クレジットカード

★現在実施中のおすすめキャンペーン★

・月額料金割引、通常月額より2,093円割引

ルーター発送月を含む翌月を1ヶ月目とし、2ヵ月目まで割引きされます。月額料金が大幅に割引されるキャンペーンですので、活用していきましょう。

>GMOとくとくBBの詳細ページはこちら

まとめ:ホームルーターがおすすめな人

ホームルーター

ホームルーターは光回線と比較し月額料金が安いことも魅力の一つです。光回線ほどの通信速度は求めていないので毎月の支払額を少しでも抑えたいという、いわゆるライトユーザーの人に強くおすすめしたいです。

ちなみに、筆者の私もホームルーターを使用しています。中古でホームルーターの本体を購入し別途SIMカードのみ契約をして自宅のインターネット環境として運用しています。

使用用途は記事の執筆や動画の視聴やウェブの閲覧が中心ですが、回線のスピードも安定していて、全くストレスに感じた事はありません。何より光回線と比較し価格が安いのが個人的には最大の魅力ですね。

コンセントを差すだけで手軽にインターネットを楽しむことが出来るホームルーター

通信も安定していて価格も非常に安価です。みなさんもぜひホームルーターの導入を検討としてみてはいかがでしょうか?

ホームルーターをまとめて比較して検討したい人は、WiFiストアの比較サービスもぜひ参考にしてみてください。

>>>WiFiプランの徹底比較はこちら

\豊富なプランを徹底比較でお得にお申し込み/

WiFiストアでWiFiを選ぶ >

WiFiに関する最新情報をSNS・メールで簡単にチェック!

各SNSで最新情報をチェックする。