WiMAX Speed Wifi NEXT WX05 レビュー! WiMAXハイパワー対応でより安定した通信が可能な新モデル

LINEで送る
Pocket

145 views

「WiMAX Speed Wifi NEXT WX05」は、2018年11月に発売されたNECプラットフォームズ製のモバイルWiFiルーター。

最大の特徴は電波が届きにくいエリアでにおいて通信速度が大きく改善する「WiMAXハイパワー」機能にWiMAX 2+対応のデバイスとしては初めて対応すること。

この記事では下り最大440Mbpsの高速データ通信が可能なモバイルWiFiルーター「WiMAX Speed Wifi NEXT WX05」をレビューします。

目次:

WiMAX Speed Wifi NEXT WX05の外観・デザイン

「WiMAX Speed Wifi NEXT WX05」はソニックレッドとピュアホワイトの2色ラインナップ。今回はソニックレッドをレビューします。

ボディはややは厚みのある角ばったデザイン。素材は光沢のあるプラスチックで「レッド x ブラック x ワインレッド」の派手な配色に塗装されています。

WX05のソニックレッドカラー
WX05のソニックレッドカラー

サイズはiPhone XSよりも小さく手のひらにカンタンに収まり、バックのポケットはもちろんデニムパンツのポケットに入れて持ち運ぶこともできます。

iPhone XSとのサイズ比較
iPhone XSとのサイズ比較

トップには電源ボタンと落下防止のストラップホール、ボトムにはUSB Type-C端子が配置されています。USB Type-CケーブルでPCと接続してインターネット接続も可能です。両方のサイドには何も配置されずシンプルなデザインになっています。

角ばったデザインのボディ
角ばったデザインのボディ
角ばったデザインのボディ
角ばったデザインのボディ

バックはバッテリーの取り外しが可能なカバーになっていてバッテリーの交換が可能。バッテリーの裏側にはSIMカードスロットがあります。

ディスプレイはタッチ操作に対応した2.4インチ/320×240ドット仕様。電源ボタンを押すとロック画面が表示されてスライド操作で解除できます。トップ画面には「現在時刻と情報/クイックメニュー/設定画面」にアクセスできるショートカットが配置。通信容量が超過した場合はメッセージが表示されるためひと目で確認できます。タッチ操作に対する反応はいまひとつでした。

データ通信量が超過した時にもメッセージで確認できる
データ通信量が超過した時にもメッセージで確認できる

WiMAX Speed Wifi NEXT WX05のスペック性能

サイズ(高さ × 幅 ×厚さ) 約111mm × 約62mm × 約13.3mm
重さ 約128g
ディスプレイ 約2.4インチ
320×240ドット
カラーLCD
対応ネットワーク WiMAX 2+
au 4G LTE
通信速度 ▼ハイスピードモード
下り最大:440Mbps
上り最大: 30Mbps
▼ハイスピードプラスエリアモード
下り最大:440Mbps
上り最大: 75Mbps
無線LAN 5GHz帯:802.11 ac/n/a
2.4GHz帯:802.11 n/b/g
バッテリー容量 3,200mAh※取り外し可能
連続通信時間 ▼ハイスピードモード
通信速度を優先 – 約8.1時間
スタンダード – 約11.5時間
バッテリ持ちを優先 – 約14時間
エコモード(Bluetooth接続時):約18時間

▼ハイスピードプラスエリアモード
通信速度を優先 – 約8.0時間
スタンダード – 約10.5時間
バッテリ持ちを優先 –
13.3時間
エコモード(Bluetooth接続時):約16.8時間

連続待受時間 休止状態:約700時間
ウェイティング時:約50時間
充電時間 約160分
最大同時接続台数 WiFi:10台
Bluetooth:3台
USB:1台
充電 USB Type-C
SIM スロット数:1
スロット:nanoSIM
カラー ソニックレッド、ピュアホワイト

「WiMAX Speed Wifi NEXT WX05」は、基地局と端末に4つずつのアンテナを搭載しており、通信速度を向上させる4×4 MIMOと複数の周波数帯域を同時に使用することで同じく通信速度を向上させるキャリアアグリゲーションによって下り最大440Mbpsの高速データ通信が可能です。

バッテリーは3,200mAh。ハイスピードモード/スタンダード設定時の電池持ちは公称値が約11.5時間となっていますが、実際に利用したところ約8時間で電池が切れました。1日中利用するのは難しく朝100%の状態にして外出するとちょうど帰宅時間ぐらいに電池が切れてしまいます。

WiMAX Speed Wifi NEXT WX05の特徴

ここでは、「WiMAX Speed Wifi NEXT WX05」について、4つピックアップして紹介します。

特徴① バッテリーの取り外し・交換が可能

バッテリーの交換が可能
バッテリーの交換が可能

先に書いたとおりWX05を1日中利用することは難しいですがWX05はバッテリーの取り外し・交換が可能です。

予備用として1つ購入しておけば1日中使うことも可能。バッテリーが劣化して電池持ちが悪くなった場合は買い換えれば電池持ちが元通りになります。WX05用のバッテリーはUQアクセサリショップ等で販売されていて価格は税込み3,402円です。

特徴② WiMAXハイパワーに対応。電波が届きにくい場所でも高速に

WX05はWiMAX 2+に対応した機種として初めて「WiMAXハイパワー」に対応しています。

WiMAXハイパワーはWX05から基地局に送る電波の出力を高めることで、電波が弱いときに通信品質を向上させるというもの。WX05の場合、従来のモデルと比べて通信速度が約20%向上します。

Broad WiMAX製品ページより引用
Broad WiMAX製品ページより引用

レビュー期間中にWiMAXハイパワーの効果が発揮できる状態にならなかったので効果のほどはわかりませんが、WiMAXハイパワーに対応してることで電波が弱い場所・状況においても安心して利用できる機能です。

特徴③ 初心者でも設定がカンタンに「おまかせ一括設定」

WX05には細かい設定が用意されていますが、モバイルWiFiルーター初心者の人など設定が多すぎることが苦手という人もいるはず。

そんな人に便利な機能が「おまかせ一括設定」でカンタンなタップ操作だけですべての設定をまとめてやってくれます。

おまかせ一括設定
おまかせ一括設定

設定項目は「通信速度を優先/スタンダード設定/バッテリー持ちを優先」の3つ。

「大容量ファイルをダウンロードしたい」のであれば通信速度を優先を選択すると、下り最大440Mbpsでの高速通信が可能になります。「外でも家でもバランス良く使いたい」場合はスタンダード設定にすると、下り最大220Mbpsに制限することで電池持ちがアップします。

WX05の電池が切れそうな場合など「電池を長持ちさせたい」のであればバッテリー持ちを優先を設定すると、キャリアアグリゲーションをオフにしたり、電波送信出力で最適な設定に変更することで電池持ちが長くなります。

なお、おまかせ一括設定を利用すると輝度やWiFi暗号化強化など一部設定が変更できなくなります。

特徴④ Wi-Fiビジュアルステータス

Wi-Fiビジュアルステータス
Wi-Fiビジュアルステータス

WiFiは複数の機器が同時に通信できるように利用する周波数帯が分割されています。この分割された周波数帯域はチャネルまたはチャンネルと呼ばれており、隣家が同じチャネルを利用している場合は電波干渉によってつながりにくくなったり、通信速度が落ちることがあります。

WX05にはこのチャネルの使用状況(2.4GHzのみ)をビジュアル的に表示できる機能が用意されていて、混雑しているチャネルを利用している場合は画面をタップするだけでチャネルを切り替えることで繋がりやすくなったり、通信速度が改善されます。

WiMAX Speed Wifi NEXT WX05を実際に使ってみてよかったポイント

WX05を使用している期間中に正月で帰省したり、引っ越しがあったので結構ヘビーに利用していました。そのなかでよかったポイントを紹介します

WX05を使ってわかったメリットは?
WX05を使ってわかったメリットは?

まずは通信速度。正月の帰省では乗車率が100%超える新幹線での移動中にストリーミングで動画視聴しましたが、通信速度は下り1Mbps〜8Mbpsまでバラつきがあり画質はあまり安定せずトンネルに入ると動画が途切れました。ただ、動画以外の利用ではストレスを感じることはありません。

平常時の通信速度は電波の悪い場所でも安定して10Mbpsを計測します。最も混雑する平日の昼間でも40Mbps前後を計測。動画も快適に視聴できます。環境や混雑状況に関わらず通信速度が安定して高速なので固定回線がない引っ越し直後でも活躍してくれました。

前述したとおりWX05のタッチパネルの感度はあまりよくないので操作時にストレスを感じることもあります。カバンから取り出すのが面倒という人もいるはず。

そんなときに便利なのが専用アプリ「NEC WiMAX 2+ Tool」で、スマホにダウンロードすると電波状況・利用している周波数帯・バッテリーがひと目で確認でき、利用する周波数帯(2,4GHz⇔5GHz)や利用サービス(ハイスピードモード⇔ハイスピードプラスエリアモード)、さらに省電力モードの変更もスマホから操作が可能になります。

まとめ

最後にWX05の購入を検討する際に比較対象となるW05との違いを紹介し、WX05の特徴をまとめます。

ファーウェイ製のW05は2018年1月に発売された機種でWX05よりも高速な下り最大758Mbpsによる高速なデータ通信が可能です。対するWX05は電池持ちが長く、バッテリーの交換が可能。さらに、WiMAXハイパワーによって電波が悪いエリアでも安定したデータ通信が特徴になっています。

スピードを重視するのであればW05、電池持ちと安定したデータ通信を重視するのであればWX05がおすすめです。

\豊富なキャンペーンでお得にお申込み!/

WiFiストア お申込みサイトに移動する

WiFiに関する最新情報をSNS・メールで簡単にチェック!

各SNSで最新情報をチェックする。